コグニティブコンピューティング

コグニティブコンピューティングとは

一般的に、コグニティブコンピューティングは一種の人工知能(AI)とされ、アルゴリズムモデルを使用して人間の思考プロセスをシミュレートするというものです。これまでナレッジワーカーが担っていた作業を行うための新しいクラスのテクノロジを包括的に表す用語としてよく使用されます。ただし、コグニティブコンピューティングは複数の意味を持つ用語です。ウィキペディア(英語版)には次のように書かれています。「現時点では、広く認められたコグニティブコンピューティングの定義は学術界にも産業界にも存在しない。」たとえば、コグニティブコンピューティングは以下のようなものと見なすことができます。

  1. 人的プロセスのシミュレーション(生物学的リアリズム)
  2. 人間の能力のシミュレーション

コグニティブコンピューティングが重要である理由

「コグニティブコンピューティング」という用語は、特定のテクニックや、一連のアルゴリズムまたは実装や、コア機能の明確なセットを表すものではありません。Gartner 社のバイスプレジデント兼フェローである Tom Austin 氏は、次のような見解を示しています。

「コグニティブというのは、でたらめなマーケティング用語です。機械が思考することを暗示しているのです。それはナンセンスです。前提が誤っていれば、導き出される結論も誤りです」

コグニティブコンピューティング + DataRobot

DataRobot は、ビジネス上の日々の問題に応用できる本物の実践的な企業向け自動機械学習ソフトウェアを構築することで、コグニティブコンピューティングに関する宣伝文句を排除することを目指しています。DataRobot は、人間の脳や人間に代わる能力を開発するとは述べていません。あらゆる分析スキルレベルのユーザーが、データに基づいてより優れたビジネスを下せるようにお手伝いするだけです。