人工知能

人工知能が持つ意味

人工知能(AI)の出現は、組み立てラインが登場したとき、そしてインターネットが出現したときと同じように、第 4 次産業革命の到来に重要な役割を果たしています。世界経済フォーラムによると、「人工知能によってすべての国のほとんどの業界に急激な変化が生じています」。

「今まさに、私たちの生活、働き方、人間関係を根本的に変える技術革命が起きようとしています。この変革は、規模、範囲、複雑さのどれをとっても、人類がこれまでに経験したことがないほどのものです」– Klaus Schwab 氏(世界経済フォーラムジュネーブ本部、創立者兼エグゼクティブチェアマン)

AI とは、殺人ロボットや自動運転車からチャットボットまで、さまざまな人にとってさまざまな意味を持つ概念やテクノロジの集まりであり、その応用先は身の回りにあふれています。AI には無数のあいまいな定義がありますが、ここでは意思決定を自動化するビジネスロジック、データ、予測分析を組み合わせたシステムを包括的に示す言葉として使用します。詳しくは、DataRobot のブログ「What Is AI?」をご覧ください。

人工知能が重要である理由

AI が過去数十年間で最も重要な新興テクノロジであることは間違いありません。その主な理由は、機械学習と呼ばれる AI の機能にあります。企業は機械学習によって、入手できる大量のデータを活用でき、1 人の人間では引き出すことができないインサイトやパターンを発見できます。これによって、コミュニケーションのターゲットを絞って内容をパーソナライズする、重要な顧客対応イベントを予測する、詐欺の可能性がある取引を見分けるなど、多くのことができます。現在の経済環境における AI の重要性ハーバード・ビジネス・レビュー誌には次のように書かれています。「今後 10 年間には、製造、小売、運送、金融、医療、法律、広告、保険、エンターテインメント、教育などほぼすべての業界で、機械学習を活用するためにコアプロセスとビジネスモデルの変革が進むため、AI の影響が大きくなります」AI と機械学習のテクノロジを導入しない企業は、取り残される運命にあります。その根拠として、いくつかの重要な統計と予測を以下に示します。

  • 全世界での AI への投資額は年平均 50% 増加し、2021 年までに 576 億ドルに達します。
  • この世界的な広がりは、ハイテクに限ったことではありません。小売、マーケティング、医療、フィンテック、保険やその他の業界が、すべて AI と機械学習の恩恵を受ける立場にあります。
  • データから得られたインサイトに基づいて意思決定する企業は、2020 年までに、インサイトを活用しない企業から年間 1 兆 2000 億ドルを奪うようになります。
  • AI と機械学習を早期に導入した企業の 83% は、すでにその取り組みから価値を引き出しています。
  • AI の導入によってもたらされる就業者数の純増は 500 万人を超えます。

人工知能 + DataRobot

DataRobot は、規模やリソースにかかわりなく、すべての企業が AI と機械学習の新しいテクノロジを利用できるようにするべきだという信念の下に設立されました。DataRobot が自動機械学習を開発したのはそのためです。これを使用すれば、あらゆるスキルレベルの分析プロフェッショナルが複雑なプログラミングや計算を行わずに予測分析モデルをすばやく簡単に構築し、デプロイできます。鳴り物入りで AI を実装する必要はないのです。DataRobot は AI の民主化を信奉しています。そのため、本物の価値を生み出す実用的・実践的なインサイトを組織全体のビジネスユーザーが入手できるプラットフォームを開発しました。DataRobot は AI の力をビジネスに利用できるようにすることで、お客様が第 4 次産業革命の波に乗れるように支援します。