ビッグデータ

ビッグデータとは

「ビッグデータとは、継続的な発見と分析の源になる、社内外の従来のソースやデジタルソースから得たデータの集まりである」– Forbes 誌

ビッグデータは、活用できるデータの量、速さ、多様性を指します。合計で 1 日あたり約 250 京バイト生成されています。これらのデータは、効果的に利用すれば、組織の意思決定に欠かせないものになる可能性があります。ただし、利用できるデータポイントが膨大にあるため、アナリストがインサイトを効率的に見つけ出すことは困難または不可能な場合もあります。⏎
新しい人工知能(AI)と機械学習技術の出現により、アナリストとビジネスプロフェッショナルは、企業が入手可能なデータを使用して組織の意思決定の改善やプロセスの最適化などを行うことができます。AI イニシアチブを通じて、企業は増加し続けるデータソースを手動で選り分けることなく、ビッグデータに具体的なビジネス課題を解決させることができます。

ビッグデータが重要である理由

Forbes 誌によると、「AI および対象を絞った構造型アプローチを使用する最新のビッグデータシステムは、次世代のデータ主導型の意思決定および自動化の標準を設定する種類のパーソナライズとリアルタイムインサイトを提供するようになる」とされています。

ビッグデータにより、企業は直感や主観的な経験に頼るのではなく、エビデンスに基づく意思決定を導入することができます。ビッグデータに基づく意思決定を既存のビジネスプロセスに最も効率的に統合すれば、他社よりも大きな優位性を得ることができます。

ビッグデータ + DataRobot

DataRobot の自動機械学習プラットフォームでは、データを迅速に分析し、インサイトを抽出できます。アナリスト、ビジネスプロフェッショナル、データサイエンティストは手動でのモデル作成や Excel などのツールでのデータ分析から解放され、データベースの意思決定を迅速に行えるようになり、機械学習と AI イニシアチブの ROI が向上します。