• サクセス
  • お客様
  • 「株式会社資生堂 DataRobot 導入事例」新製品の需要予測における資生堂の AI 活用の取り組み

「株式会社資生堂 DataRobot 導入事例」
新製品の需要予測における資生堂の AI 活用の取り組み

Shiseido logo 02032021

関連製品:
Thank you

ご回答までしばらくお待ちください

Thank You!

We’re almost there! These are the next steps:

  • Look out for an email from DataRobot with a subject line: Your Subscription Confirmation.
  • Click the confirmation link to approve your consent.
  • Done! You have now opted to receive communications about DataRobot’s products and services.

Didn’t receive the email? Please make sure to check your spam or junk folders.

閉じる
Shiseido Success Story background

AI とビジネスプロフェッショナルの協働で実現。真の経営価値を生み出す需要予測 DX。不確実な環境でも成果を出すために必要なこと

サプライチェーンの情報トリガーとなり、メーカーの競争力の源泉ともいえる需要予測。株式会社資生堂では、発売前の新製品の需要予測に AI 技術を取り入れました。単に AI で予測精度を高度化するだけでなく、市場と顧客に通じたビジネスプロフェッショナルがAI と協働することで、経営指標に貢献できる需要予測を実現しています。また、この取り組みを通じて、需要予測のDX(デジタルトランスフォーメーション)への向き合い方も見えてきたといいます。さまざまな技術を取り入れ、人材や組織、オペレーションを変革しながら、新しい価値の創造を目指しています。

ポイント

✅ ビジネスにおける需要予測の課題を考え AI 技術の位置付けを明確にする
✅ 口紅の新製品需要予測の2つのモデル結果から見えた AI 活用のヒント
✅ 不確実な環境を切り開く3つの要素とAI活用のためのチームづくり
✅ 予測値を解釈して分かりやすく伝えるAIと協働するデマンドプランナーの役割

「AI の予測値は、その先の人間の意思決定のためのものです。予測ロジックだけを高度化するのではなく、マネジメント、組織、人材、システムという多軸で捉え、どこに強みがあり、課題があるのかを考えることが重要です」
Shiseido Yamaguchi Success Story
山口 雄大 氏

株式会社資生堂
プレステージ事業本部
S&OP グループマネジャー

Shiseido logo 02032021
業界
流通・消費財
SNSでシェアする

もっとお客様事例を見る

AI主導型企業への取り組みを開始