JP Reduce Traffic Accidents White Paper Bkgd v1
Ebook

機械学習・AIで実現する交通事故削減を目的とした危険箇所予測

地理空間データの学習や可視化、分析を効率化する「DataRobot Location AI」

世界で増え続けている交通事故の犠牲者。世界的なこの課題を AI によって解決するために。

人々の移動や物流の手段として、自動車は生活やビジネスに欠かすことのできない重要インフラの 1 つです。一方、車両による交通事故は今も深刻な社会問題であり、毎年多くの人々が犠牲となっています。

この課題を私たちはどう克服することができるでしょうか。有力な改善策として期待が高まっている AI を活用した交通事故の危険箇所予測と、それに基づく事故発生予防の方法をご紹介します。

本コンテンツで触れている地理空間情報分析ツールの進化、データセットの拡充といった流れを受け、交通事故の危険箇所予測に基づく事故発生予防に対しては、自動車メーカーや損害保険会社といった民間企業だけでなく、地方自治体や警察といった行政機関でも導入の機運が高まっています。

自動車メーカーと地方自治体といった官民が緊密に連携しながら、本コンテンツで提案する交通安全対策の PDCA サイクルをしっかり回すことで、交通事故を確実に削減できると DataRobot は考えています。

ポイント:

  • 交通事故の危険箇所予測をユースケースで紹介
  • DataRobot Location AIを活用した課題解決方法の提案
  • 多様なデータソースとの連携方法
  • パートナー企業との連携で分析に必要なデータをさらに充実
  • 行政機関でも高まる地理空間情報データ活用への機運

執筆者

山本 光穂
山本 光穂

DataRobot, Inc.
データサイエンティスト

若月 浩太郎
若月 浩太郎

DataRobot, Inc.
データサイエンス アソシエート