DataRobot、予測が困難な市場におけるビジネス成果の創出を支援する 「DataRobot AI Cloud 8.0」を発表

2022/05/11

~ 新たなプラットフォームによって、合理的かつ耐久性のあるソリューションを
短期間で構築し、本番環境における継続的な AI の最適化を実現~

世界で最も広く導入され、実績のある AI プラットフォームの1つを提供する DataRobot, Inc.(本社:米国マサチューセッツ州ボストン、CEO:Dan Wright、以下 DataRobot)は、予測不可能な社会情勢や市場環境において企業の方針決定を支援するプラットフォームとして、「DataRobot AI Cloud 8.0」を発表しました。同プラットフォームはあらゆる組織を対象としており、継続的に機械学習モデルを最適化し、本番環境での最高のパフォーマンスを発揮しながら、幅広いデータと連携することで、最も完全かつ正確な予測を行う能力を提供します。

欧州の AI システム事業者、IDC のシニアリサーチアナリストを務める Jack Vernon 氏は次のように述べています。
「AI は、全組織の69%が既に利用しているか、または今後2年以内の利用を計画しており、主流テクノロジーとしての存在感をますます高めています。さらに、AI は実験段階からミッションクリティカルな段階へと明らかに移行しており、企業は成長と収益の向上、コスト削減、業務効率化といった真の価値を実感しています。市場の先行きが全く読めない状態に順応できる適応力を備えた AI プラットフォームに対する企業のニーズはかつてないほどに高まっています」

AI Cloud 8.0 はあらゆる企業のイノベーションを強化するプラットフォームであり、主な特徴は以下の通りです。

  • 予測機能を備えた AI アプリ
    DataRobot の AI アプリケーションビルダーは「Automated Time Series(時系列予測)」に対応しており、組織のレジリエンス性を高め、流動的で先行きが不透明な足元の市況に適応する能力を企業に提供します。予測の説明、セグメントモデリングといった Automated Time Series は、いずれも短期間でAI アプリケーションを構築できるノーコード開発環境での活用が可能です。
  • 継続的な最適化と信頼性
    DataRobot が MLOps 機能として提供している Continuous AI は、代表的なパブリッククラウドプラットフォームだけでなく、オンプレミス環境でも利用できるようになりました。Continuous AI を活用することで、企業はコロナ禍の長期化などによる現実世界の変容や経済情勢の変化、消費者行動の変化に対処することができます。Continuous AI は過去のデータと現在の状況を踏まえて自動的に順応し、望ましい事業成果の予測に最適なモデルを提案することで、顧客における将来的なパフォーマンスの確保を可能にします。
  • 最高水準の接続性とパートナーエコシステム
    Microsoft の Active Directory および Snowflake のスコアリングコードへの新規組み込みによって、DataRobot のデータソース、データフォーマット、ビジネスアプリケーションへの接続に関わる広範なライブラリがさらに充実しました。エコシステムが強化されたことで、すべての企業が拡充されたモデルのライブラリ、事前組込型機能全般、最も一般的なクラウドデータストアへのライトバック機能を利用できるようになりました。これによって、さらなる短期間で成果を出すことが可能になります。

フロリダ国際大学の分析・情報管理担当アソシエートバイスプレジデントを務める Hiselgis Perez 博士は次のように述べています。
「競争が熾烈で先行きの見えない昨今の雇用状況を踏まえると、当学に在学する何万人もの学生には必ずや学問的成功を収めてもらわなければなりません。DataRobot の力を借りれば、問題を抱えそうな学生を予測し、探し出すことができ、学生が卒業までに継続して学習を行うための積極的な支援が可能となります。学生全員のデータを迅速に分析し、予測を行うことができるようになったことも助けとなり、この10年間で卒業率は3倍に伸びました」

DataRobot の最高製品責任者である Nenshad Bardoliwalla は次のように述べています。
「現代の企業は市場において前例のない問題に直面し、進むべき道を探っています。長期にわたるコロナ禍の影響から信頼性の低いサプライチェーン、間近に迫った職場復帰まで、問題は様々です。すべての企業にとって、AI はこのいまだかつてない時代を乗り切るための力になる可能性があります。しかし、導入されるべき AI プラットフォームは、市況がどれほど予測不可能であろうとも、より短時間でインテリジェントに未来を予測し、適応できるものでなければなりません。DataRobot AI Cloud 8.0 によって、企業は変化が現れる時期をより正確に予測し、機械学習のモデルを継続的に最適化する能力を獲得できます。そして、最前線のビジネスユーザーに至るまで、すべてのユーザーが新たな意思決定をより的確に行えるようになるでしょう」

DataRobot AI Cloud 8.0 はマルチクラウドアーキテクチャを採用する企業すべてが対象となります。パブリッククラウド、データセンターにおけるオンプレミス、エッジ環境に容易に導入でき、一元的に管理、運用することが可能です。DataRobot AI Cloud 8.0 の詳細については WEBページ またはブログをご覧ください。

DataRobotについて
DataRobot AI Cloud は次世代の AI です。AI Cloud は、あらゆるデータタイプ、あらゆるユーザー、あらゆる環境を統合し、業界・業種を問わずすべての組織に対して重要で価値あるビジネスインサイトを提供することをビジョンとしています。DataRobot は、Fortune 50の3分の1を含む、業界や業種を超えたグローバルな顧客から信頼を得ています。詳細についてはhttp://www.datarobot.com/をご覧ください。

■ 商標関連
・「DataRobot」は DataRobot, Inc. の登録商標です。
・その他の会社名、製品名、サービス名等は、各社の登録商標または商標です。

※当リリースは、2022年3月17日に米国で発表されたニュースリリースの抄訳版です。

本情報(「資料」)には、DataRobot, Inc.(以下、「当社」)における将来の予想に関する記述が含まれている場合があります。当社は、いつでも、いかなる理由でも、また受取人への通知や補償なしに、本資料を変更する権利を留保します。本資料に含まれる将来予測に関する記述にかかわらず、本資料は将来の製品機能を保証するものではなく、いかなる購入決定においても依拠してはならないものです。実際の製品業績は、当社および顧客の技術変化、経済情勢および市場の動向、他社との買収、従業員の採用・退職などにより、記述されている見通しとは大きく異なる結果となる可能性があります。

本資料は、情報提供のみを目的としたものであり、特定の成果を保証するものではありません。当社は、お客様が将来予想に関する記述を信頼した結果、被ったいかなる費用、経費または損失についても、お客様に対して責任を負うものではありません。

投稿をシェアする

他の プレスリリース