Accelerate Machine Learning Experimentation Through Seamless Collaboration blog bkg scaled 1

Microsoft Azure OpenAI ServiceとDataRobotが、最先端技術革新でデータサイエンス業務を近代化

2023/05/11
執筆者:
· 推定読書時間 2  分

コーネル大学の大学院に始まり、Eureqaのアルゴリズムをベースにした会社の設立、DataRobotのイノベーターチームのリーダーなど、この12年間、私はイノベーションを通じてAIで何が可能かを探求する機会に恵まれました。それ以来、私は長年にわたって学んだことを活かして、これらの境界をさらに押し広げることにますます意欲的になっています。この数ヶ月間、私はAzure OpenAI Serviceの製品責任者であるDom Divakaruni氏と共同研究を行ってきました。DataRobotとMicrosoft Azure OpenAI Serviceで取り組んできたことを共有できるのは、これ以上ない楽しみです。

本日、私たちはMicrosoft Azure OpenAI Serviceとの新しい最先端インテグレーションを公開します。Azure OpenAIのChatGPTモデルを活用したこの統合は、モデルの結果や予測に直接触れて解釈することができる対話型AI体験を提供します。この重要なマイルストーンは、開発だけでなく、最も重要な、AIユースケースの解釈、理解、採用を劇的に近代化する第一歩となります。

DataRobotとAzure OpenAI Serviceの統合は、データチームとビジネス関係者の間に長く存在した障壁を取り払うものです。この統合は、Azure OpenAI Serviceに現存する最も先進的な大規模言語モデル技術の1つのパワーを取り入れ、DataRobotを通じて、機械学習による価値中心の成果を促進します。

従来、適切なデータサイエンス・コードを開発し、その結果を解釈してユースケースを解決することは、データサイエンティストが手作業で行っていました。これは時間のかかるプロセスであり、組織全体におけるAIの導入を遅らせる可能性があります。しかし、私たちは、DataRobotが管理する情報(データ、機能、モデル、予測など)を、Azure OpenAI Serviceの機能を活用して、よりアクセスしやすく理解しやすくしています。この統合により、ユースケースを反映したインテリジェントなデータサイエンス・コードを生成することができます。例えば、データの準備だけでなく、モデルのトレーニングやデプロイを行うためのコードを生成することができます。また、モデリング結果をビジネス上の重要なポイントに変換することができます。

その例として、ある機能が予測に高い影響を与える理由を提案することが挙げられます。データサイエンティストは依然として、これらの結果をレビューし、評価する必要があります。しかし、データサイエンスチームはMLの予測解釈の生成に費やす時間を減らし、ビジネスユーザーはMLアプリケーションからより大きな理解を導き出すことができます。最終的に、ユーザーは、ML予測の意味するところを透明で明確に説明をされることで利益を得ることができます。

これがAIの用途と影響を拡大するために何を意味するのか、私は非常に興奮していますが、これは始まりにすぎません。マイクロソフトとDataRobotは緊密に連携し、これらのソリューションのパフォーマンスと信頼性を共に拡大し、お客様にインサイトに依存する自信をさらに与えていきます。

この新しいイノベーションは、DataRobotが、お客様のAIプロジェクトを飛躍させ、ゲームチェンジをもたらすような先駆的なソリューションの開発に絶え間なく注力していることを証明するものです。これは、DataRobot AI Platformが、Azure OpenAI Serviceのような新しいテクノロジーとシームレスに統合することを容易にし、MLを使った革新的なビジネスソリューションを生み出すことができることを示す別の例です。

DataRobotとAzure OpenAIで価値駆動型AIを加速させる  

では、どのように実現しているのでしょうか。この新しいアプローチでは、まったく新しいデータサイエンスの開発とコラボレーション体験を作り出しています。DataRobotとMicrosoftは、大規模な言語モデルから新しい機能を注入し、AIビルダーが特定のユースケースを解決するために書く必要のあるコードを予測し、その結果得られた統計結果を主要なビジネス関係者とのコミュニケーションとコラボレーションに必要なビジネス言語に翻訳します。 

例えば、データサイエンティストは、目の前の問題を自然言語で記述することで、関連データのマージやターゲットの導出など、ユースケースに適したデータプレップコードを自動生成することができます。これにより、メタデータやAPIを記憶するのにかかる時間を短縮することができます。

次に、ビジネスユーザーが質問や洞察を分析し始めると、DataRobot AI Platformは、ユースケース情報、データ、モデル、およびAzure OpenAIモデルを使用して生成された分析を動的に表示し、最も重要な観察結果のテキスト説明とその意味の解釈を生成するようにします。ビジネス用語でモデルが説明されるだけでなく、Azure OpenAI Serviceの会話機能により、ビジネス関係者はフォローアップの質問をし、最もインパクトのある発見を掘り下げることができます。

DataRobot AI Platformは、ユースケース情報のデータとモデルを、Azure OpenAIモデルを使って生成された分析とともに動的に浮上させます。

これは、日常の人々がMLモデルやその洞察と対話することができる、画期的な会話体験です。データサイエンティストにとって新しいもので、モデルの計算をビジネスへの影響に変換するのを助け、同様にビジネス関係者が変化をもたらすために必要な答えを得るのを助けます。  

データサイエンティストに新しいパワーツールを与えてより速く

データサイエンティストなら誰でも知っているように、モデルを開発して結果を説明するのは時間のかかるプロセスです。コーディングには、APIを覚え、デバッグし、エラーを修正することが必要です。結果を説明することは、生のデータの特徴が何を表しているかを翻訳し、洞察の傾向を文脈化することを意味します。データサイエンティストはデータを暗記しているかもしれませんが、AIが生成した説明によって、他の人もさまざまな発見が何を意味するのかを理解することができます。 

DataRobotとAzure OpenAI Serviceを組み合わせた独自のユーザーエクスペリエンスは、ノートブックでの開発や関係者への主要結果のまとめなど、モデルの開発・実装に必要な多くの反復作業を近代化し加速します。データサイエンティストは、新しいML問題に取り組むために迅速にイノベーションを起こし、その仕事が組織に影響を与えるのを確認することができます。また、この統合は、データサイエンティストがMLモデルを明確に表現し説明する新しい方法を生み出すのに役立ちます。DataRobotとAzure OpenAI Serviceの連携は、より実用的なインサイトを生み出すのに役立ちます。 

DataRobotとMicrosoft Azure OpenAI Serviceの可能性

私たちはまだ始まったばかりです。MicrosoftとDataRobotが協力するのは自然な流れでした。今後は、Azureの複雑なジェネレーティブAI戦略をDataRobotのモデリング戦略に組み込み、企業向けのまったく新しいユースケースを実現するために協力する予定です。

イノベーションに根ざした歴史

DataRobotは、AutoML、MLOps、Automated Time Series、フィーチャーエンジニアリングの分野で、イノベーションの最前線にいます。Azure OpenAI Serviceとの統合が、データサイエンスと我々の顧客にとって次に何を意味するのか、個人的に興奮しています。 

私たちはこの10年間、革新を続けてきましたが、まだ終わっていません。今後何が起こるか、目を離さないでください。DataRobotチームは、AIで出てくるすべての新しいイノベーションを通じて境界を押し広げ、組織が価値主導のAIを実現するためにそれらを組織に適用できるよう、懸命に取り組んでいます。 

執筆者について
Michael Schmidt
Michael Schmidt

DataRobot
Chief Technology Officer

Michael Schmidt は DataRobot の Chief Technology Officer を務め、DataRobot の最先端テクノロジーの新たな領域の開発を担当しています。自身が創設し、主導していた企業である Nutonian 社を DataRobot が買収したことに伴って 2017 年に DataRobot に入社し、Automated Time Series など、成功した製品の立ち上げに貢献してきました。Schmidt はコーネル大学で博士号を取得しました。大学では、Automated Machine Learning(AutoML)、人工知能、応用数学に取り組んでいました。現在はワシントンD.C.に在住です。

Michael Schmidt についてもっとくわしく
投稿をシェアする