DataRobot公式本が出版されました!

2020/07/20
執筆者:
· 推定読書時間 1  分

こんにちは!DataRobot のシバタアキラです。

コロナ禍において対面でのコミュニケーションが難しくなり、この状況はしばらく続きそうですので、私達もウェビナーYouTubeオンラインコミュニティーQiita などの非対面のコミュニケーションに力を入れています。またAIの民主化を目標とする私達にとって、より多くの方々にそのコンセプトと実施方法をお伝えすことは最も大切なミッションだと思っています。先日の大規模オンラインイベント、Virtual AI Experience でも告知させていただきましたが、本日ついにDataRobot 初の公式本「DataRobotではじめるビジネスAI入門」の発売を迎えましたことをご報告します!

本書は AI 自動化プラットフォームを利用した実用的な AI 入門書です。通常であれば長時間かかるプログラミングや専門的知識の習得を省き、それらの作業を最先端の自動化ツールに任せています。データ・AI 人材は世界的にも不足しており、日本ではさらに状況が悪いと指摘されています。一方で、ビジネスの現場を担う事業担当者の多くが Excel を使いこなすことができるように、非専門家が AI を活用していくことは既に DataRobot ユーザーの間では現実になり始めています。*

*本書「はじめに」より抜粋

このような現状をお伝えするために開催した昨年の AI Experience には3000人以上の方がご参加され、その時ご参加いただいた翔泳社さんから、「これはぜひ書籍にしたい」とお声がけいただき、急ピッチで出版を目指してきました。

本書を通じて私達が皆さんと一緒に取り組みたいことは、AIという新しいテクノロジーを使って、これまで解決できなかった課題を新しい角度から解決していくことです。 AI、特に機械学習を既存プロセスの改善や、未解決のビジネス課題に適用する方法を実践していただきたいと思います。データサイエンティストなどの技術的実践者だけではなく、深いビジネス経験を持った事業担当者や、AI 推進のご担当者の方にも本書を手に取っていただき、データ・AI の活用ポテンシャルを広げるための方法論を身に付け、各企業で技術活用の最先端を実践していただけましたら幸いです。*

*本書「はじめに」より抜粋

執筆にあたっては、上記イベントでもご登壇いただき、本書にも推薦コメントを頂きました滋賀大学の河本先生はじめ、多くの方にご協力をいただきました。著者は DataRobot で様々なインダストリーで経験を積んできたデータサイエンティストたちが携わり、弊社が長年実施してきた DataRobot University の入門トレーニングに基づいて執筆させていただきました。DataRobot ユーザーの皆さんはもちろん、そうでない方にも有益な情報を沢山収録していますので、是非お手にとっていただけましたら幸いです。

【参考サイト】

執筆者について
シバタアキラ(Shibata Akira)
シバタアキラ(Shibata Akira)

チーフ・データサイエンティスト

DataRobot Japan チーフ・データサイエンティスト。ロンドン大学高エネルギー物理学博士課程修了。ニューヨーク大学でのポスドク研究員時代に加速器データの統計モデル構築を行い「神の素粒子」ヒッグスボゾン発見に貢献。その後ボストン・コンサルティング・グループでコンサルタントとして、主に TMT/製薬業界でのデータ分析業務に従事。AI 型情報キュレーションを提供する白ヤギコーポレーションの創業者兼 CEO を経て2015年に DataRobot Japan の立ち上げに一人目のメンバーとして加わり現職。個人ブログにhttps://ashibata.com/、共著に「データ活用実践教室」(日経BP社)など

 
直近の注目記事
AI活用を成功に導く方法をサービス商品化した米AIベンチャーの狙い(ZDNet Japan)
シバタアキラ氏が伝授#01/データサイエンスって何?(日経ビジネスONLINE)
この人にはこれが売れる/実践!データサイエンス#09(日経ビジネスONLINE)
データサイエンティストになるには?社内で育てる方法は?わかりやすく解説(ビジネス+IT)

についてもっとくわしく
投稿をシェアする