DataRobot、Altimeter Capital主導で 2億7,000万ドルの資金調達を達成

11月 18, 2020 by DataRobot

※当資料は、2020 年11月17日に米国で発表されたニュースリリースの抄訳版です。

エンタープライズAIのリーダーである DataRobot, Inc.(本社:米国マサチューセッツ州ボストン、CEO:Jeremy Achin、以下「DataRobot」)は、Altimeter Capital が主導する IPO 前の資金調達ラウンドで2億7,000万ドルを調達したことを発表しました。

今回の資金調達には、T. Rowe Price、BlackRock が運用するファンド並びにアカウント、Tiger Global、Silver Lake Waterman、B Capital Group、Glynn Capital、ClearBridge、NEA、Sapphire Ventures など多くの新規および既存の投資家が参加し、DataRobot の評価額は27億ドルを超えました。これは、シリーズ E ラウンドでの評価額の2倍を超える水準です。

Altimeter Capital  創設者兼最高経営責任者(CEO)Brad Gerstner 氏は、次のように述べています。
「データ、クラウド、ビジネスインテリジェンスが牽引する強力かつ長期的な追い風が、過去10年間にわたり当社の最も重要な投資案件で中心的な役割を担ってきました。ただ、この動きは始まったばかりです。AI 主導型のインサイトの獲得は、あまりにも長い間、遠い未来の夢物語に過ぎませんでしたが、ようやく転換期を迎えました。DataRobot は AI 主導型のビジネスインテリジェンスの民主化において、最前線にいる企業です。今後、DataRobot はすべての企業にとって必要不可欠な存在となり、経済の生産性にとって新たな時代の幕開けを迎えるでしょう。」

DataRobot のプラットフォームは、Fortune500 にランクインする多くの大手企業や様々な業種のお客様から信頼されており、DataRobot のクラウドプラットフォーム上で顧客が構築した機械学習モデル数は今日までに20億以上に上ります。

DataRobot プレジデント兼最高執行責任者(COO)Dan Wright は、次のように述べています。
「当社のプラットフォームは多くの組織や企業から圧倒的に必要とされています。今回の資金調達はそうしたモメンタムを改めて証明するものであり、当社のグローバルにおける成長を加速させるために充てる予定です。今日、企業はかつてないほど大量のデータを取得し、生成しています。同時にこれらのデータは急速に変化しています。従来のビジネスインテリジェンスや手作業による機械学習の手法では、到底そのペースに追いつくことはできません。ますます競争が激化する今日の市場で勝つためには、単に何が起こったのかではなく、これから何が起こるのかのインサイトを AI 主導で把握する必要があるのです。」

■「DataRobot, Inc.」について(製品詳細URL:https://www.datarobot.com/jp/
DataRobot はエンタープライズ向け人工知能(AI)のリーディングカンパニーであり、AI イノベーションを競うグローバル企業に信頼性の高い AI 技術と投資利益率(ROI)を実現するサービスの提供を行っています。DataRobot のエンタープライズ AI プラットフォームは、機械学習モデルの構築、デプロイ、管理を自動化によってエンドツーエンドで提供しデータサイエンスの民主化を実現します。AI を大規模に提供し、継続的にパフォーマンスを最適化することで、ビジネス価値の最大化をサポートします。DataRobot の最先端のソフトウェアと世界最高クラスの AI 実装、トレーニング、サポート、サクセスサービスが、組織の規模や業種を問わず、あらゆる組織においてビジネスの成果を高めています。

Forbes が選ぶ2020年の「クラウド100(世界の優良非公開クラウド企業100社)」、2019年および2020年の「AI 50(最も有望な AI 企業50社)」にも選出され、IDC のレポート「IDC MarketScape: Worldwide Advanced Machine Learning Software Platforms Vendor Assessment(IDC MarketScape:世界の高度機械学習ソフトウェアプラットフォームベンダー評価)」では、リーダーに選ばれました。詳細については www.datarobot.com をご覧ください。

■ 商標関連
・「DataRobot」はDataRobot, Inc.の登録商標です。
・その他の会社名、製品名、サービス名等は、各社の登録商標または商標です。

 

投稿をシェアする