DataRobot、MLOpsのパイオニアであり
カテゴリリーダーのParallelMを買収

6月 21, 2019 by Yukari Taoka

※当資料は、2019 年 6 月 20 日に米国で発表されたニュースリリースの抄訳版です。

オリジナル版: https://www.datarobot.com/news/press/datarobot-acquires-mlops-pioneer-and-category-leader-parallelm/

機械学習モデルの実運用を実現する、業界最高水準のプラットフォームを
あらゆるクラウドまたはオンプレミス上で提供

機械学習の自動化をリードする DataRobot, Inc. (本社:マサチューセッツ州ボストン、CEO: Jeremy Achin、以下 DataRobot)は本日、機械学習基盤(MLOps)の分野を開拓したカリフォルニア州サンタクララを拠点にするParallelMを買収したことを発表しました。MLOpsは、機械学習(ML)プラットフォームを用いる組織に対して、クラウドやオンプレミスなどの環境に影響を受けず、デプロイ、管理、ガバナンスのスケールをサポートするものです。

ビジネスの現場では、データサイエンスに取り組むチームやプラットフォーム、インフラの整備に多額の投資が行われるようになっています。それに比例し、AIを活用したプロジェクトの数も劇的に増加しています。しかし、投資に対する費用対効果を考えた場合、そのほとんどが価値を生み出せていないのが実情です。この要因として、生成したモデルを適した形でビジネスにデプロイできていないことが考えられます。業界アナリストによれば、ビジネスの現場で実際に活用されるAIモデルの数はごく一部に限られており、その一部のモデルはAIに必要なガバナンスと監視が欠如していると言います。AIを効果的かつ信頼して活用するためには、AI全てのライフサイクルを通したデプロイ、監視、管理を行う最新のシステムが必要です。

ParallelMのCEOであるSivan Metzger氏は、次のように述べています。
「当社はこれまでにデータサイエンスとIT運用をうまく連携させた企業が、AIによる真の価値を生み出してきたことを知っています。そして、そのためには機械学習の活用が必須条件となっていました。私たちは今後、DataRobotと力を合わせ、世界中のより多くの顧客がAIおよび機械学習の活用からビジネスにおける真の価値と投資に見合ったROIを生み出すサポートができることをとても嬉しく思っています。」

ParallelMは2017年にMCenterプラットフォームをリリースして、MLOps分野の先駆者となりました。MCenterプラットフォームは、KubernetesやSparkといったインフラやオンプレミス上、あるいは任意のクラウドプロバイダー(Amazon Web Services、Google Cloud Platform、Azureなど)上に機械学習をデプロイするサポートを提供しています。さらに、ParallelMは、機械学習モデル特有の複雑性に対応するリアルタイム・モニタリングとアラートの支援に加え、規制が厳しい業界の企業が機械学習モデルを活用する際に必要となる監査に対する支援技術においても先駆者です。

過去18カ月間、DataRobotはモデルのデプロイメント、管理、監視能力に対し大々的な投資を行ってきました。大規模な専任チームも設置し、業界に特化した多数の賞や大手アナリスト企業による高い評価を受けています。

ParallelMの買収・統合により、DataRobotは機械学習実運用化の分野において明確なリーディングカンパニーとなりました。今回の買収の一環として、DataRobotはプラットフォームを拡充し、現行の機械学習モデルの監視・管理能力に加え、MLプラットフォーム、プログラミング言語、デプロイメントシナリオ(DataRobotが全面管理するAIクラウド、プライベートクラウド、オンプレミス、ハイブリッド)に限定されず、全てのAIライフサイクルを加速させる、機械学習モデルの実運用を実現する業界最高水準のプラットフォームを提供します。

DataRobotのCEOであるJeremy Achinは、次のように述べています。
「機械学習基盤の構築と実運用化は、AIドリブンを目指す企業にとって『必要不可欠』な要素です。今回、ParallelMがDataRobotに加わり、またParallelM のCEO Sivan Metzger氏がリーダーシップチームにおける機械学習実運用化推進部門の担当となったことを、非常に喜ばしく思っています。」

DataRobotによるParallelMの買収は、約2年間における4件目の買収となります。

■「DataRobot, Inc.」について(製品詳細URL:https://www.datarobot.com/jp/
DataRobotはあらゆるレベルのユーザーが機械学習・AIを迅速に活用、ビジネスへ展開するためのエンタープライズ向け機械学習自動化プラットフォームを提供しています。数百種類におよぶパワフルなオープンソースの機械学習アルゴリズムから成るライブラリを組み込んだDataRobotのプラットフォームは、予測モデルのトレーニングと評価のプロセスを自動化し、またそれらを同時並行に行うことで、大規模なAI処理を可能にします。DataRobotはあらゆる規模の組織や企業が、最速でAIの導入と活用を成功できるようにサポートいたします。

日本では、すでに明治安田生命保険相互会社、トランスコスモス株式会社、パナソニック株式会社、三井住友カード株式会社、株式会社リクルートホールディングスなどを含む幅広い企業で導入され、成果をあげています。

商標関連
・「DataRobot」はDataRobot, Inc.の登録商標です。
・その他の会社名、製品名、サービス名等は、各社の登録商標または商標です。