Enabling the AI-Driven Enterprise

MAはAIで進化する – マーケティング活用事例セミナー

マーケティングオートメーションによってマーケティングプロセスが自動化・高度化されました。更に、AIをマーケターが手にする事で起こる変化、そして未来像をご紹介します。 
マーケティングオートメーションプラットフォームのMarketoと機械学習自動化プラットフォームのDataRobotの融合で何が起こったかをSansan株式会社マーケティング部 新名庸生様をお招きし、実際の取り組みをご説明頂きます。

 
ご多忙の折、誠に恐縮ではございますが、ぜひこの機会にご高覧賜りたく謹んでご案内申し上げます。

イベント概要

  • 日時 2018年10月26日(金)15:00-17:30 (受付開始14:30)
  • 会場 TKP品川カンファレンスセンター バンケットホール8C 東京都港区高輪3-26-33 京急第10ビル
  • 主催 DataRobot 株式会社電通デジタル トランスコスモス・アナリティクス株式会社 株式会社マルケト
  • 参加費 無料
  • *お申し込み多数の場合は抽選とさせていただきます。
  • *同業他社からのお申込はお断りさせて頂く場合がありますので予めご了承ください。

対象:

  • 機械学習を導入したが、マーケティング活動との連携に課題がある
  • マーケティング領域での機械学習の取り組みを検討している
  • マーケティング活動の高度化に課題がある

アジェンダ

ENGAGEMENT PLATFORM”と最新MarTech連携シナリオ

近年、MarTechは急速に増え2018年には全世界で7,000近いサービスが存在している。700以上のテクノロジーパートナーとの連携実績を持つMarketo“ENGAGEMENT PLATFORM”の役割とDataRobotとの連携事例など最新動向をご紹介します。

講師:株式会社マルケト カスタマーサクセス本部 ソリューションコンサルティング部ソリューションコンサルタント 石野真吾

医療系コンサル企業で医療介護機関向け動画コンテンツの新規事業の立ち上げを行った後、Sansanではテクノロジーを活用した業務改善や企画業務やセールス&マーケティングの仕組み作りを行い、現在はマルケトにてセールス&マーケティング分野でのテクノロジーの活用や新しいテクノロジースタック開拓を推進している。

初・Marketo×DataRobot連携 【Sansan様事例登壇】

Sansanでは世界に先駆けて、MarketoとDataRobotの連携によるスコアリングを行っています。連携・運用の実態や効果をご紹介します。

講師:Sansan株式会社マーケティング部 新名庸生様

京都大学大学院にて計算機科学を専攻。Google合同会社、YJFX!にてオペレーション、データ分析に携わった後Sansan入社。現在マーケティング部にてデータの統合・分析・可視化に従事。

AIの民主化を可能にするDataRobotご紹介

DataRobotはあらゆるレベルのユーザーが機械学習をビジネスで活用することを可能とするツールです。DataRobotを使って高精度な機械学習モデルがプログラミングなど一切必要なく生成され、インサイトを元にその中身を理解し、予測を行なっていくプロセスをご覧いだきます。

講師:DataRobot, Inc データサイエンティスト 中野高文
DataRobot Japanで2番目のデータサイエンティスト。イギリス、カナダの大学の修士・博士過程で量子情報論を専攻。より多くの人がビジネスで機械学習を活用できるようDataRobotを使った機械学習の民主化を推進。マーケティングや小売業をはじめ幅広い業界でコンサルティングなどを行う。

デジタルマーケティング領域におけるDataRobot活用の最新事例

世界最先端のAI・機械学習プラットフォームDataRobotのデモを実施しつつ、WEB広告などのデジタルマーケティング領域や紙DMなどのアナログ媒体のコスト削減施策におけるDataRobot活用事例をご紹介します。

講師: トランスコスモス・アナリティクス株式会社 機械学習推進部 1課 コンサルタント 瀧川進一

2012年トランスコスモス入社。有料放送会社の解約傾向分析や、金融業界における初期与信モデル構築など、数多くのデータ分析案件を経験。現在は、機械学習用プラットフォーム「DataRobot」の代理販売責任者として、自社やお客様企業におけるAI・機械学習の民主化を支援。

AIが切り開くマーケティングの未来

Marketing Automation Toolの出現と浸透によってマーケティングプロセスが自動化・高度化され、大きなインパクトをもたらした様に、民主化されたAI Toolをマーケターが手にする事で起こる変化、そして未来像をご紹介します。

講師:株式会社電通デジタル データテクノロジー部門 ソリューションディベロップメント事業部 デジタル・イノベーショングループ 有益 伸一

AI(機械学習)、MA、CRM、DMP、BI等の最新マーケティングテクノロジーを横断的に活用し、企業のデジタルトランスフォーメーションを実現する事で、経営課題・事業課題を解決に導く事を強みとする。また、国内外の最新デジタルツールの発掘・アライアンスも得意としている。