データサイエンス スーパーヒーローに

Softbank C&Sの中川栄治 さんと岡田一哉 さんが明かす!超高速に販売予測を行う秘密兵器とは!?

Become a Data Science Superhero!
DataRobot

DataRobot の製品についてさらに詳しくはこちらから。

データシートを読む
DataRobot

DataRobot AI Experience 基調講演のビデオを見る

ビデオを見る
DataRobot

あなたもデータサイエンス スーパーヒーローになるための一歩を踏み出してみませんか?

デモをリクエストする

ソフトバンク コマース&サービス株式会社(ソフトバンクC&S) ー通信事業者として国際的企業となったソフトバンクが創業当初より行ってきたITソリューションを提供ー は、売上予測やコスト/利益分析などのビジネス上の意思決定にデータを使用しています。 日次で、会社のすべての従業員にパフォーマンスレポートが送信され、意思決定に役立つ貴重なデータが提供されます。

Become a Data Science Superhero!

親会社であるソフトバンクグループ代表である孫正義氏は、同氏のWebサイトに 「大きなデータやその他の分析のおかげで人々は以前は不可能だった新しいアイデアや知恵を得ることができると信じている」と述べています。

ソフトバンク C&S ICTイノベーション推進室長である中川氏は、現在のようなパラダイムシフトを前進させるべく、ビジネスチャンスの開拓を行っています。そして、AIや機械学習による予測モデルを構築することがその鍵となると考えています。



しかし、中川氏は限られたツールしかない環境で、機械学習の可能性を十分に発揮することができませんでした。

中川氏は以下のような問題に直面し、AIソリューションの実装に効果的な方法を見つけるのに困難をきたしていた

  • — 彼自身はデータサイエンティストではありません
  • — ソフトバンクC&S は限られたリソースの中でも、最新のデータサイエンスを社内で実施したい
  • — より柔軟性のある、オープンソースとも連携可能な最新の分析ツールが必要
  • — 業務は兼任で行っているため、データサイエンスに割くことのできる時間は全体の20%ほど
データサイエンスの経験者がいない上に少人数で構成されたチームだったので、従来のPythonのようなデータサイエンスツールを実装するのはとても難解で、とにかく時間が必要でした。

中川さんは「十分な時間や人的リソースはありませんでした。しかし、企業戦略の要求は高く、現在のツールやリソースでは実現不可能でした。」と言っています。

Become a Data Science Superhero!

「Pythonのコードを書いて実行するのはとても時間のかかることでした。限界を感じました。」と岡田氏も言います。



彼のもつすべてのツールを使い果たして、中川氏はDataRobot信号を送った・・・

Become a Data Science Superhero!

DataRobotは中川氏が求める、ソフトバンクC&S でAIの実装を実現するために必要な秘密兵器であることが明らかとなりました。中川氏はDataRobot の機械学習の自動化プラットフォームを使用することにより、これまでソフトバンクC&S で用いたデータサイエンスの手法と比べて、より高速かつ正確な予測モデルを生成することのできる、データサイエンススーパーヒーローに変身することができます。



ソフトバンクC&S は、案件の見積もり勝率や売上成績の着地予測、卸値設定などの予測をDataRobotを使用して検証を行っています。

「業務を兼任しながらでも、予測モデルを生成し、テストし、実装までできてしまいます。」と中川氏は言います。「これまでの方法ではDataRobotと同じ精度のモデルを見つけるまでに半年から1年はかかってしまうでしょう。」

Become a Data Science Superhero!

中川氏、岡田氏を始めとするソフトバンクC&S チームがDataRobot により実現した機械学習の効果は以下のようなことがあります

  • 予測モデルの精度を高め、販売予測と売上結果のギャップを縮めることに成功
  • 高精度な卸値設定のため予測モデルの開発
  • 企業全体のビジネス動向など、洞察を効率的に全社に伝える
  • 予測モデルの生成から実装までの期間を”月”レベルから”日”レベルに短縮

つづく…

中川氏は新兵器を使用して今後も専門知識を磨いていきます。そして、彼の次の目標は、企業全体にDataRobotを普及させ、様々な課題で実装することで、データによる意思決定を推進・加速させることです。ソフトバンクC&Sの社員一人ひとりがデータサイエンス スーパーヒーローとなることで、ソフトバンクC&S は 真のデータドリブン企業となることができるのです。

「DataRobotはソフトバンクC&S がAIを快適に活用するために、なくてはならない重要なツールです」

中川栄治 氏

中川栄治 氏

ICTイノベーション推進室 室長

あなたもデータサイエンス スーパーヒーローになろう!

DataRobot

DataRobot の製品についてさらに詳しくはこちらから。

データシートを読む
DataRobot

DataRobot AI Experience 基調講演のビデオを見る

ビデオを見る
DataRobot

あなたもデータサイエンス スーパーヒーローになるための一歩を踏み出してみませんか?

デモをリクエストする