問題・課題

保険金請求が最初に申請されたときから全額支払われるまでの間に、請求額が大幅に変更されることがあります。最終的な請求金額を予測できるかどうかは、財務諸表、特に四半期ごとの損益計算書に記載される既発生未報告支払備金(IBNR)に大きな影響を及ぼします。さらに、損失コストのモデリングは、確定した損失額とは異なり、まだ未確定な既発生損失額に依存しています。

ソリューション

DataRobot を使用すると、極めて正確な予測モデルが自動的に生成され、1 件の請求が最終的にどれくらいの額になるのかをより正確に把握できるようになります。その結果、既発生未報告損害金のためにどのくらいの金額を確保するべきかを、確信を持って決定することができます。各請求の予測見積損失を従属変数として使用すると、より正確で安定した価格設定モデルを生成することができます。

なぜDataRobotなのか

ボタンをクリックするだけで最も正確な予測モデルを生成し、申請された時点で最終請求金額を予測します。DataRobot は、数字や文字だけでなくテキスト機能も使用します。テキストを追加することで、請求査定時のメモなどの変数から適切な見解が得られ、極めて正確な予測モデルを導き出すことができます。