Composable ML hero banner

Composable ML

世界トップレベルの自動化で専門知識を強化

Thank you

ご回答までしばらくお待ちください

Thank You!

We’re almost there! These are the next steps:

  • Look out for an email from DataRobot with a subject line: Your Subscription Confirmation.
  • Click the confirmation link to approve your consent.
  • Done! You have now opted to receive communications about DataRobot’s products and services.

Didn’t receive the email? Please make sure to check your spam or junk folders.

閉じる

Composable ML とは

トップレベルのモデルを構築するには、データやアルゴリズムの実験が必要だとよく言われます。しかし、ほとんどのデータサイエンティストは、特徴量の変換やモデルを運用化するためのコーディングなど、反復的な日常作業にかなりの時間を費やしており、高度なアルゴリズムを試すための時間はほとんどありません。

DataRobot は、経験豊富なデータサイエンティストが時間を節約して実験できるよう支援します。Composable ML を使用すると、トップレベルの機械学習アルゴリズムを独自に定義して DataRobot の組み込み機能と組み合わせることで反復作業を自動化できるため、生産性が大幅に向上します。

ビデオは英語です

究極の柔軟性により独自の機械学習アルゴリズムを定義

Composable ML を使用すれば、経験豊富なデータサイエンティストは機械学習や専門分野の知識を駆使して、他に類のない特定のユースケースに最適なモデルを構築することができます。

すぐに使用できるタスクと Python または R で設計したカスタムタスクを組み合わせて、独自の機械学習パイプラインを構築できます。また、タスク用のカスタムコンテナ環境を使用することで、依存関係の追加がいつでも可能です。

composable ai image1

世界トップレベルの自動化によりモデリング以外のタスクも効率化

カスタム機械学習パイプラインを定義した後は、さまざまな追加の組み込み機能を利用して、さらに複雑な反復作業を自動化できます。

安全で信頼性の高いトレーニングインフラストラクチャに加えて、新しいモデルの特徴量探索および特徴量エンジニアリングを自動化したり、リーダーボードでモデリング結果を比較したり、特徴量のインパクトと特徴量ごとの作用、予測の説明、コンプライアンス文書の自動作成など、さまざまな種類の説明可能な AI 機能をすぐに利用したりできます。
また、新しいモデルをデプロイし、専門的なモデルの監視(英語)、ガバナンス、ライフサイクル管理DataRobot MLOps から行えます。

こうした機能はすべて数回クリックするだけですぐに実行でき、DevOps で追加作業を行う必要はありません。

composable ai image2

専門知識を組織全体で共有

どんなにアルゴリズムが複雑でも、どのような言語やフレームワークを使用していても、再利用可能な機械学習アルゴリズムをカスタムタスクまたはパイプラインとしてパッケージ化しておけば、数回クリックするだけで組織全体で共有および再利用できます。機械学習に関する資産を共有することで、センターオブエクセレンスのデータサイエンティストと機械学習エンジニアは、シチズンデータサイエンティストおよびアナリストを支援できるため、組織内のチーム間の障壁を取り除くことができます。たとえば、まず、シチズンデータサイエンティストがオートパイロットを使用して、一般的なパイプラインを作成します。その後、経験豊富なデータサイエンティストが高度な手法を取り入れてからモデルをデプロイします。このように、データサイエンスはまさにチームスポーツと言えます。

composable ai image3
composable ai image1
composable ai image2
composable ai image3

Composable ML の詳細については、こちらへお問い合わせください。