DataRobot、機械学習の自動化でスタートアップ企業を支援

May 28, 2018 by Kotaro Uchida

DataRobot、機械学習の自動化でスタートアップ企業を支援
「MUFG Digitalアクセラレータ 第3期」 にICTパートナーとして参画
DataRobot 1ヶ月PoCアカウントをスタートアップ企業に提供

機械学習自動化プラットフォームDataRobotを提供するDataRobot Japanは、株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループ(以下、MUFG)が主催するスタートアップ・アクセラレータプログラム 「MUFG Digitalアクセラレータ」の第3期にICT PARTNERSとして参画すると発表しました。

「MUFG Digitalアクセラレータ」は、MUFGが2015年に設立した邦銀初のスタートアップアクセラレータ・プログラムで、第3期となる今年は6社のスタートアップ企業が参加し、革新的なビジネスの立ち上げを目指しています。DataRobotは、同プログラムの「世界に変革をもたらす熱意を持った起業家・ベンチャー企業の方々と革新的なビジネスの立ち上げを目指す」というコンセプトに賛同し、ICTパートナーとして、機械学習自動化プラットフォームDataRobotの1ヶ月PoCアカウントを提供することとなりました。

「AIの民主化」をスローガンに掲げるDataRobotは、これまでに上場企業をはじめとする多くの大企業に採用されています。今回の「MUFG Digitalアクセラレータ」への参画は、プログラム参加企業に対する直接的な支援はもちろん、国内におけるAIのビシネス活用の裾野拡大にも貢献するものと考えております。

 

<「MUFG Digital アクセラレータ」について>

ICTの進展は、従来の金融サービスを大きく変え始めています。三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)では、こうした環境の変化に応じてフィンテック(金融ビジネスモデル+技術)やその他の先端技術をいち早く活用し、オープンイノベーションによる革新的な金融サービスの創造に取り組んできました。 MUFG Digitalアクセラレータは、MUFGが2015年に設立した邦銀初のスタートアップアクセラレータ・プログラムです。本プログラムでは、MUFGグループの総力をあげて、事業プランのブラッシュアップ、プロトタイプの構築支援、事業プランの方向性に合わせたパートナー選定、アライアンスなど、事業化に向けたステップを全面的に支援し、新たな事業の立上げに向けて共に取り組んでまいります。

参照URL: https://innovation.mufg.jp/accelerator/

DataRobotは、日本国内におけるDataRobot, Inc.の登録商標です。