オンラインコミュニティ「DataRobot」コミュニティを開設

2020/04/28
執筆者:
3 min

DataRobot オンライン・ユーザーコミュニティを開設

DataRobot ユーザーの皆様も、在宅勤務、テレワークの普及といったビジネス環境の変化で、新しいコミュニケーションスタイルが求められているかと思います。

2017年に日本でビジネスを開始し、DataRobot は AutoML 市場を開拓し、データ準備や ML Ops といったモデルの運用管理まで網羅する、包括的な機械学習プラットフォームとして進化を遂げてきました。また、最新リリース6.0では、画像を特徴量として扱える Visual AI に対応、データ準備の Paxata と UX を統合することにより、「エンドツーエンドのエンタープライズ AI プラットフォーム」を提供することで、対応する領域を広げています。

DataRobot の活用が進むにつれて、いかに DataRobot を業務で実際に活用しているのかユーザー同士で情報交換したり、また、業界特有の知見を気軽に相互共有できる場を求める声を多くいただいておりました。さらに、特に技術的に難易度の高い課題に対して、DataRobot のデータサイエンティストが各業界固有の知見に基づき、ユーザーの質問や課題に対応できる場の提供も必要だと考えておりました。

こうした背景を元に、新たな AI 活用支援のためのユーザーと AI プロフェッショナルの情報交換・課題解決の場を提供するため、DataRobot コミュニティを開設しました。

こちらのブログでは、DataRobot コミュニティでご利用いただけるコンテンツ、ユーザー登録方法についてご紹介させていただきます。ぜひ DataRobot コミュニティ にご参加・ご活用ください。

 

DataRobot コミュニティでできること

DataRobot コミュニティは、ユーザー同士がオンラインでつながるデータサイエンス特化型コミュニティを目指しています。コミュニティでは、以下4つのコンテンツを提供しています。

・AI/機械学習について質問・意見交換できる「質問・ディスカッション」

・データサイエンスのトピックを扱った「ブログ」や DataRobot の仕様やよくある質問をまとめた詳細な「ナレッジベース」

・自習型の教材で学べる「ラーニング・センター」

・最新のデータサイエンストピックを知る「オンライン・セミナー(ウェビナー)」

こうしたコンテンツを、「検索」「賞賛」「回答「投稿」という4つのアクティビティを行いながら活用できるよう設計されています。それぞれについてご紹介してまいります。

コミュニティでの4つのアクティビティ「検索」「賞賛」「回答」「投稿」

「DataRobot の特定の機能やパラメータの意味を知りたい」など疑問に感じた時には、コミュニティを「検索」し、情報を探してみましょう。DataRobot の機能詳細を解説したナレッジベース記事を豊富に準備しています。

それでも課題が解決しなかった場合、ぜひ、フォーラムに質問を「投稿」してみてください。知見あるコミュニティメンバーが、ヒントや回答を提供してくれます。

また、コミュニティメンバーからの返信が課題の解決に役立った場合、「賞賛」ボタンをクリックし、感謝の気持ちを示しましょう。

また、コミュニティメンバーが直面している課題のエキスパートであったり、既に同じ課題の解決策をご存知の場合、ぜひ質問に対して「回答」を寄せてください。

コミュニティメンバー同士で、お互いに助け合いましょう。

「賞賛」を多く受理すると、メンバーのみなさんのご貢献への感謝の印として、「バッジ」を獲得することができます。バッジには様々な種類があり、「50回返信」「100回賞賛を受理」といった、アクティビティの成果に応じたバッジだけでなく、特別な日にログインすると獲得できるバッジもあり、気軽な気持ちでコミュニティへ訪れ、様々な種類のバッジを獲得してください。

バッジとは別に、こうした賞賛やコミュニティへの在籍期間に応じて、「ランク」があります。

ランクは、DataRobot にちなんで、ロボットの部品をイメージしています。コミュニティでのアクティビティに応じて、様々なコンピュータ部品の名称のランクにランクアップしていきます。

AI/機械学習について質問・意見交換できる「質問・ディスカッション」

DataRobot のユーザーの皆様はもちろんのこと、データサイエンティスト、データエンジニア、運用管理担当者、ビジネスユーザーといった AI/機械学習に関わる全ての方々を対象とし、オープンに議論をしていただけます。DataRobot の特定機能の利用方法に関する質問や、エラーが起きた場合の対処法を気軽にご投稿ください。また、DataRobot の製品に限らず、AI/機械学習のアルゴリズム一般、時事問題、最近トレンドの話題を投稿していただき、コミュニティメンバーで議論を深める場としてもご活用いただけます。

コミュニティには、DataRobot のデータサイエンティストも頻繁に参加します。ぜひ、意見を交わしてみましょう。

データサイエンスのトピックを扱った「ブログ」や DataRobot の仕様やよくある質問をまとめた詳細な「ナレッジベース」

質問する前に、まずはコミュニティで提供しているナレッジベース記事を検索してみてください。DataRobot のデータサイエンティストが執筆したデータサイエンスにまつわる「ブログ」や、DataRobot の仕様をまとめた記事、これまで行われたトレーニングである DataRobot University やユーザーから DataRobot のデータサイエンティストに寄せられた質問を FAQ 形式で記事化している「ナレッジベース」が揃っています。

自習型の教材で学べる「ラーニング・センター」

DataRobot では、DataRobot University を通して、クラスルーム形式のトレーニングを提供しております。昨今の社会環境の変化を受けて、リモート受講できるヴァーチャルトレーニングに形態を変えて引き続き、ご提供しております。

一方で、DataRobot を使い始めようと思い立った時に、即座にアクセスして学習できるコンテンツとして、ラーニングセンターをご活用ください。

AI ラーニングガイドでは、「データサイエンス学習パス」を提供しており、この学習ガイドの順番にそって進めていくことで、DataRobot の使い方を学ぶことができます。

それぞれの記事には、日本語化されたビデオ、スクリーンショットが豊富に提供され、直感的に学習を進めることができるようになっています。現在、データサイエンティスト向けの学習パスを提供しておりますが、今後、データ準備やモデル運用、開発者向けといった様々な学習パスを提供してまいります。

最新のデータサイエンストピックを知る「オンライン・セミナー(ウェビナー)」

DataRobot コミュニティの「ラーニング・センター」では、上述の学習パスだけではなく、DataRobot ユーザーの皆様向けに、定期的にオンライン・セミナーをお届けしてまいります。

DataRobot 各製品の利用法、業界向けの固有の活用法、旬な話題に「データサイエンティストとしてどう対応すべきか」といった、様々なデータサイエンストピックについても、コンテンツをお届けしてまいります。知りたい話題、興味のある話題等がございましたら、気軽に質問・ディスカッションに投稿してみてください。

リアルタイムでご視聴いただけない場合にも、アーカイブとしていつでもご覧いただけるようにコミュニティ内の学習セッションに掲載します。いつでも、お好きな時間に最新のデータサイエンストピックについて、学習いただけます。

はじめてのオンライン・ユーザー会を開催

コミュニティのオープンを記念して、新しいユーザー会の姿を模索すべく、社会情勢を考慮して、初めての試みとなるオンライン・ユーザー会を実施しました。当日は、DataRobot のユーザー、パートナー、社員が一同にオンラインに会し、早速コミュニティの機能を体験できるようオンライン・ハンズオンを通じ利用法に親しんでいただきました。

また、先日発表したばかりの DataRobot 最新リリース6.0の機能概要やデモをご紹介し、オンラインならではのコミュケーションスタイルで、双方向の質疑が行われました。

ネットワーキングもオンライン・ハッピーアワーとして開催し、参加者の皆さんが各自の在宅勤務環境にて、お飲み物を片手に、最新リリース6.0の新機能に関する質問や AI や機械学習に関するざっくばらんな話題を通じて交流を図りました。

今回開設したオンライン・コミュニティである「DataRobot コミュニティ」を基軸に、ニューノーマル時代の新しいコミュニティのあり方について、ユーザーの皆様と一緒に、模索していきたいと考えております。

community.datarobot.com へアクセスして登録ください

DataRobot ユーザーの皆様だけではなく、AI や機械学習全般に興味のあるデータサイエンティスト、ビジネスユーザーの方も、DataRobot コミュニティに是非ともご登録いただき、活発な議論をコミュニティ上でしていただきたいと思います。

コミュニティ内の登録ガイドのご案内方法に従って、ぜひご登録ください。

コミュニティ上でお会いできることを楽しみにしております。

執筆者について
Manabu Matsudate 1
松舘 学(Manabu Matsudate)

コミュニティマネージャー

DataRobotのコミュニティマネージャ。オンラインコミュニティや、ユーザー会を担当。バックグラウンドは、世界最大のビジネスソフトウェア企業におけるディベロッパーアドヴォケイト、エバンジェリスト。BI/データウェアハウス、米国の老舗統計ソフトウェア企業のプレセールス担当。

松舘 学(Manabu Matsudate) についてもっとくわしく
投稿をシェアする

Newsletter Subscription
Subscribe to our Blog