千葉 政義:フィールド サポート エンジニア

2020/12/29
執筆者:
· 推定読書時間 1  分
Chiba Interview Image 1

−担当している業務内容について

製品のテクニカルサポートを担当しています。基本的にパートナー企業と連携し、お客様の問い合わせに対して課題解決を行っていきます。お客様の導入環境に合わせた支援も必要になるので、導入時にはお客様環境のヒアリング、設定なども担当します。内容によってはデータサイエンティストと連携した対応もしています。

−これまでの経歴は?

キャリアのスタートはシステムインテグレータで、営業支援アプリケーションのシステム開発に寄った導入サポートでした。その後、DWHアプライアンスのスタートアップに転職し、メーカー側のサポート業務を経験。その後、オンライン決済などの不正検知に関わるソリューションを提供する外資系企業でサポートを担当してきました。20年以上サポート関連の業務に携わっています。

−DataRobotに入社した経緯は?

前職で不正検知に必須なソリューションとして、機械学習に興味を持ったのがきっかけです。ちょうど同じタイミングでDataRobotの日本法人代表(当時)と会う機会があって、DataRobotのデモを見せてもらいました。機械学習に詳しくない私でも画期的なソリューションであることがすぐにわかりました。とにかく魅力、インパクトがすごかったんです。説明してくれた人も本当に楽しそうに話していて、自社製品に誇りをもっているんだなと感じました。他の社員の熱量もすごくて、自分も仲間に加わりたいと思いました。

 –DataRobotの仕事でやりがいを感じるのはどこか?

一番のやりがいはこの素晴らしい製品を、日本に広げていくフェーズに参画できていることですね。こんな機会は2度とないと思っています。製品やサービスの特性上、データサイエンティストが主役で、自分たちは縁の下の力持ちのような存在だと思っています。優秀なデータサイエンティストと一緒に働ける環境はあまりないと思っていますが、ここでは日々一緒にビジネスを進め、感謝もされる、自分にとって最高の環境だと思っています。

Chiba Interview image 2

–どんな人と一緒に働きたいか。

スキルだけではなく、人間性も魅力的な人と働きたいですね。パートナー企業とビジネスを進めることが多いので、たくさんの人たちと協業できる人、そのために努力を惜しまない人を求めています。問題の発生状況はパートナー経由も多いので、高度なコミュニケーションや我慢強さも必要だと思います。サポートエンジニアはお客様の成長と自社の成長を支えているポジションだと思うので、裏方に徹することができる人は向いていると思います。

執筆者について
DataRobot

AIドリブンな組織を実現
エンタープライズAIのリーダーであり、今日のインテリジェンス革命でしのぎを削っているグローバル企業に、信頼性の高いAIテクノロジーとイネーブルメントサービスを提供しています。DataRobotのエンタープライズAIプラットフォームは、AIを大規模に実現し、長期に渡ってパフォーマンスを最適化し続けることによって、ビジネス価値を最大限に高めます。

DataRobot についてもっとくわしく
投稿をシェアする