教育機関向け AI 人材育成プログラム

DataRobot は、教育機関を対象にエデュケーショナルライセンスと AI 人材育成プログラム教材を提供します。機械学習自化プラットフォームを利用することで、高度な機械学習技術をプログラミングを行わずに習得することができる授業の開催を支援します。

その他多数のトップ教育機関で利用されています。

世界的な名門大学・ビジネススクールでは、近年 AI・データサイエンス関連学部の新設が相次いでおり、また機械学習をカリキュラムに取り入れるなど、様々な取り組みが始まっています。AI 人材の育成は、今後ビジネスにおける新たな競争戦略であることはもちろん、社会全体における重要な位置づけと認識され、日本では文部科学省もその戦略的な重要性を強調しています。一方で、現在大学で提供されているプログラムの多くは、過度に技術的で、プログラミングやアルゴリズムの詳細を学ぶことに偏重しています。DataRobot は講師も生徒にも、それらの技術的な障壁なしに、ビジネスほか実世界への技術適用を目的とした AI・データサイエンスの授業への導入を可能にします。

世界的名門校が、DataRobotの機械学習自動化プラットフォームを採用する理由:

  • プログラミングを一切行わずに、最先端の機械学習を利用可能

  • 技術の応用方法にフォーカスした人材育成が行える

  • 教材テキスト及びビジネスケース付きサンプルデータを多数用意しており、すぐに授業に組み込める

  • プラットフォーム及び教材には世界トップレベルのデータサイエンティストの知識、経験そしてベストプラクティスが組み込まれている

  • 比類なき自動化、精度、解釈性、コラボレーションを実現しており、AI導入に必要とされる技術要点をすぐに理解できる

  • 製造、金融、小売、医療等、世界のあらゆる業界のトップ企業が既にDataRobotを利用し成功している

教育機関向け AI 人材育成プログラムのしくみ

  • 審査を通り承認を得た教員の方には、アカデミックプライスにてDataRobotの提供する機械学習トレーニングプログラムに参加して頂けます。(トレーニング参加は必須)

  • 教員の方には、授業開発のためにご利用いただける参考AI教材及び、ビジネス・ケース付きのサンプルデータを提供。

  • 学生には、商用より大幅に安価なアカデミックプライスでのライセンスを学期ごとに提供。

  • DataRobot を使用する教員の方は、その旨を DataRobot が開示することに同意していただきます。

  • リクエストにより、DataRobot のオンサイト・ゲストトレーナを派遣できる場合もあります。

教育プログラムのご利用にあたっては、選考条件として下記を検討させていただいております:
卓越性
教員の方の適正
生徒数
授業の目的

なぜ、DataRobot 機械学習自動化プラットフォームが、ハーバード・ビジネス・スクール、INSEAD ビジネススクールなどのトップ教育機関で利用されているのか?

機械学習の自動化は、予測分析の未来です。DataRobot は、機械学習の自動化を生み出したこの分野のリーダーです。DataRobot を利用することで、今までの経験に左右されない、あらゆるスキルレベルのデータサイエンティストが機械学習を応用でき、すばやく精度の高い機械学習モデルを実装することができます。先端的教育機関のご担当者様は、DataRobot の教育機関向け AI 人材育成プログラムを使うことで、プログラミングなどの技術的詳細にとらわれず、実世界での活用に重点を置いたプログラム提供を行っています。

機械学習自動化プラットフォームについて詳しく

予測モデルは幅広い部門において、戦略の中核となります。コストと時間がかかるうえ、管理するのが難しい従来の手動によるモデル構築に固執する必要はありません。
機械学習自動化プラットフォームを用いることで、担当者は、課題設定、分析結果の解釈、効果的な実装など、実世界においてより重要なことに時間をかけることができます。
組織のどこにおいても一貫性と再現性のある予測モデルを構築することができます。
AI 人材の教育現場は、進化し続ける機械学習や予想分析を取り巻く変化を、迅速に取り入れる必要に迫られています。
  • 河本 薫 教授

    "滋賀大学では、大学院の講義『意思決定とデータ科学』において、DataRobot を用いた演習を取り入れています。本講義では、ビジネスにおける機械学習プロジェクトの全体を一気通貫で教えています。すなわち”問題を設定する”、”機械学習で解く”、”結果を説明する”です。Python や R を用いて演習を行うと、”機械学習で解く”ところで多くのプログラミング時間を費やすことになり、”問題を設定する”や”結果を説明する”が疎かになってしまいます。DataRobot を用いることで、”データ分析で解く”時間を圧縮でき、また、”結果を説明する”ための素材となる分析結果の解釈グラフが多数用意されていることから、全体俯瞰的な教育を効率的かつ効果的に行えます。"

    河本 薫 教授

    滋賀大学データサイエンス学部教授 兼 データサイエンス教育研究センター副センター長

  • Kai R. Larsen 博士

    "DataRobot を調査作業で利用したところ、その価値がはっきりとわかりました。 私は、2、3 カ月かかるプロジェクトの予測分析作業で、技術に非常に精通した博士課程の学生と作業していました。 この学生と同じデータを DataRobot に与えて分析結果を比較したところ、1 時間で DataRobot が学生を超え、2 倍ものパフォーマンスを達成しました。理由は単純で、学生が当該データに非常に適したアルゴリズムのクラスを適用し忘れていたのです。"

    Kai R. Larsen 博士

    情報管理準教授

  • Anton Ovchinnikov 氏

    "学生たちは、DataRobot のパフォーマンスを一目見ただけで、非常に感動していました。彼らはさまざなモデルを試し、手動でどのような結果を生成できるかをすでに知っていました。そんな時、実際に John がクラスで DataRobot の開始ボタンをクリックし、DataRobot が動作し始めると、生徒たちはコーヒーを飲みながら、今まで自分たちが手作業で行っていたことを DataRobot が代わりやってくれることを目の当たりにしたのです。"

    Anton Ovchinnikov 氏

    INSEAD ビジネススクール 客員教授

  • Andrew Kumiega 氏

    "教鞭を執ったり、論文を書く際に、ますます DataRobot を使うようになりました。DataRobot の機械学習自動化プラットフォームを使えば使うほど、夢中になっていきます。引退後の仕事である教えるということから引退し、フルタイムでこの業界に戻ろうかとさえ考えています。DataRobot は、瞬く間に世界を変えるでしょう。"

    Andrew Kumiega 氏

    イリノイ工科大学 分析学アシスタント・プロフェッサー

お問い合わせはこちらのメールアドレスまでご連絡ください。info-jp@datarobot.com